1. Top
  2. » 2012/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

『ブレードランナー(1982年/米 リドリー・スコット 原題:Blade Runner)』 感想

※基本的にネタバレ注意です
51QVV9JCQML._SL500_AA300_[1]
評価 ・・・ ★★★★☆(良作)

今回は、サイバーパンク映画の元祖とされ、英国の映画誌で“史上最高のSF映画”に選ばれたリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』の感想です。

ストーリィ
2019年、地球環境の悪化により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ都市部での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発された「レプリカント」と呼ばれる人造人間が、奴隷として過酷な作業に従事していた。レプリカントは、外見上は本物の人間と全く見分けがつかないが、過去の人生経験が無いために「感情移入」する能力が欠如していた。ところが製造から数年経てば彼らにも感情が芽生え、人間に反旗を翻す事態にまで発展した。しばしば反乱を起こし人間社会に紛れ込む彼等を「処刑」するために結成されたのが、専任捜査官“ブレードランナー”である。

タイレル社が開発した最新レプリカント"ネクサス6型"の男女6名が人間を殺害し脱走。シャトルを奪い、密かに地球に帰還し潜伏していた。人間そっくりなレプリカントを処刑するという自らの職に疑問を抱き、ブレードランナーをリタイアしていたデッカードだったが、その優秀な能力ゆえに元上司ブライアントから現場復帰を強要される。捜査の為にレプリカントの開発者であるタイレル博士に面会に行くが、タイレルの秘書レイチェルの謎めいた魅力に惹かれていく。

レプリカントを狩ってゆくデッカードだが、やがて最後に残った脱走グループのリーダーであるバッティとの対決の中で、彼らが地球に来た真の目的を知る事になる。(Wikipediaより)



» 続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

名も無い者

Author:名も無い者
無名のブログへようこそ!できればコメントください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

dl.sidemenu_body .plg_header

dl.sidemenu_body .plg_footer

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。